医療法人昨雲会

男性の育児参加について

当法人では、男性の育児参加を促進しています。
医療法人昨雲会は平成19年に「男性労働者育児参加促進事業」の事業主に指定されました。

平成19年度・20年度の2年間をかけて、男性職員も育児参加しやすい環境作りなどに取り組んでまいります。

「男性の育児参加」にはさまざまなケースがあります。

男性の育児参加には、育児休業を取得することだけではなく、幅広い参加のケースが考えられます。

例えば…
  ●保育所へ迎えのために夫婦交替で定時に退勤する
  ●子どもの看病や妻の体調不良のために仕事を休む
  ●子どもをお風呂に入れるために早めに退勤または遅く出勤する(時間単位年次休暇の有効活用
   等)
  ●在宅勤務、短時間勤務や所定時間外勤務の免除制度等を利用する
  ●妻の出産時に休暇を取る(2日間の有給休暇制度あり)
などがあげられます。その各ケースに対応できる職場づくりが求められています。

父親が積極的に育児に関わる事は、その後の子どもとの関係を醸成していくためにも重要です。