飯塚病院医療相談室実習生へインタビュー!

  • 2021年12月13日

飯塚病院医療相談室に東日本国際大学 樋口さんが実習されました。

インタビューに答えていただきましたので紹介いたします。


実習生 東日本国際大学 樋口さん!

病棟内で患者様とコミュニケーション中

Q1.学校で学んでいる資格は何ですか?
A1.

精神保健福祉士です。


Q2.実習で大変だったこと・思っていたことと違うこと(ギャップを感じた)ことはありましたか?
A2.

実習を通して学んだことは、大学で学ぶ精神保健福祉士の知識だけでは務まらないということです。例えば、精神保健福祉士として患者様やご家族様のニーズを叶えるためには、社会の仕組みや制度について広く知り、その情報を提供したり、アドバイスする必要があることが分かりました。


大変だったことは、患者様とのコミュニケーションです。私自身、他者とのコミュニケーションが得意だと思っていました。しかし、実際には相手から振ってもらった話題に返答してばかりで、自分から相手へ話題を振って会話をすることが少ないと気づきました。病棟の患者様と話しをしてみると言葉のキャッチボールが上手にできていなかったり、話を続けるのを相手任せにしていることが多く、自分の改善点を見つけることができました。


また、合同カンファレンス等の話し合いの中でどういう視点で患者様を捉えているのか意識しながら話しを聞くことで、職種によっての支援の仕方・視点が違うことに気づき、学ぶことができました。


樋口さん 精神保健福祉士資格取得、頑張って下さい!!!