医療法人昨雲会 CSNセンター

自立訓練(生活訓練)事業 「ひめさゆり荘」

ひめさゆり荘

自立訓練(生活訓練)事業は、地域で生活している障害者や宿泊型自立訓練の利用者が、日中の生活訓練を行います。

宿泊型自立訓練では、原則2年間の入所期間の中で、夕方から朝にかけての時間帯に、自立した生活能力を身につける訓練を行います。

短期入所(ショートステイ)事業は、障害者の家族の都合や単身生活の障害者がサービスを希望する状況に応じて、短期間(7日間以内)の介護支援サービスを提供します。

施設概要

精神障がいのため、家庭もしくは地域において日常生活を営むのに支障がある方に、居室や設備等の利用を図り、必要な訓練を行なうことで、社会復帰の促進を目的とした施設です。

掃除・洗濯といった基本から、規則正しい食習慣・自炊能力・服薬管理・金銭管理・その他単身生活に必要な生活技術を習得することができます。

施設名 自立訓練(生活訓練)事業 「ひめさゆり荘」
所在地 〒966-0901 福島県喜多方市松山町鳥見山字上堰下4774-8
TEL 0241-23-1269
FAX 0241-23-1290
開所日 1998年10月1日(精神障害者生活訓練施設)
2012年4月1日 現在の事業へ移行
入所定員 20名(1室2名)
利用対象者 精神障害者、知的障害者
入所制限 原則として2年(1年以内で延長可能)
設備 居室(8畳)、食堂、調理場、洗面所、浴室、
相談室、集会室兼娯楽室(ミーティングルーム)、静養室、ショートステイルーム

ご利用について

相談支援事業所を通して、住所地の市町村より障害福祉サービス受給者証の交付が必要です。サービス受給者証に、利用できる福祉サービスの種類・日数・利用料の自己負担額等が記載されます。

宿泊型自立訓練の実費費用 37,000円/月
(食材費 20,000円、居室料 10,000円、光熱水費 5,000円、共益費 2,000円)
短期入所の費用 650円/日(朝食250円、夕食400円)

 

設備のご案内

居室

居室 仲間とのふれあいから学ぶこともたくさんあります。

 

 

 

 

調理場

調理場 調理はたいへんですが、規則正しい食生活は大切です。

 

 

 

相談室

相談室ストレスとの上手な付き合い方も、大事なポイントです。

 

職員より

生活を営んでいくということは、一つ一つの問題を乗り越えていくことだといえるかもしれません。必ずしも解決出来なくても、現実と折り合いをつけながら生活を営んでいく、その方法を見つけることが必要となってきます。利用者のこのような不安を少しでも軽減し、日常生活を差し障りなく過せるように、指導や援助を行なっていくのが私たちの大きな役割であると考えています。

ひめさゆり荘は、さまざまな生活技術の習得を、仲間とのふれあいの中で学びとっていただく、福祉型の中間施設であります。一人一人の考えに合わせた生活プログラムを利用者との話し合いから作りあげ、個別支援計画に沿った生活全般に渡る自立促進支援に全力で取り組んでおります。