医療法人昨雲会 飯塚病院附属有隣病院

人工透析室のご案内


透析患者さんのいのち・くらしを支えます

透析治療とは

腎臓は、人間の老廃物や水分をろ過し、尿として排出する役割を持つ重要な臓器です。

腎臓の機能が低下すると、老廃物や水分が身体に蓄積してしまい、むくみ、頭痛、倦怠感、貧血などの症状が現れます。さらに放置すると、命に関わる危険な状態になります。低下した腎臓の機能を代行する治療を腎代替療法といい、その中に透析療法があります。

透析療法には腹膜透析と血液透析があり、当院で治療をしているものは、血液透析です。血液透析は、身体から血液を取り出して、人工腎臓(ダイアライザー)に血液を通し、血液中の老廃物や余分な水分を取り除き、また、血液を戻す治療です。この治療を週に3回3時間~5時間行います。



透析室

ベッド数40床

透析スケジュール
透析時間
午前 8:30~13:00
午後 14:00~17:00
14:00~18:00
※夜間透析:要相談

間歇補充型血液透析濾過療法(I-HDF)

当院では、血液透析(HD)及び間歇補充型血液透析濾過療法(I-HDF)を導入しております。間歇補充型血液透析濾過療法(I-HDF)とは、血液回路を通じて、一定時間毎、自動的に透析液を注入する療法です。

間歇補液療法(IHDF)には以下のメリットが報告されています。

●イライラ感・不眠・食欲・貧血・関節痛の改善
●透析による血圧低下を抑える など  ※効果には個人差があります。

遠隔診療~専門医による遠隔サポート~

当院では、福島県立医科大学附属病院と専用の通信回線をつなぎ、患者さんの検査画像や数値を共有し、患者さんに合った透析治療が実施できるよう透析専門医に相談、助言を行っております。


手術の実施(シャント・PTA等)

シャント設置術やPTA(経皮的シャント拡張術)など透析維持に不可欠な処置を行っております。

透析合併症対策

透析合併症の早期発見・早期治療のため胸部レントゲン・心電図・骨密度・血液検査等の定期検査を行っています。


透析に関わる主な検査設備

CT・MRI・心エコー・DAX・胃カメラ
ABI(動脈硬化検査) 等

誕生月検査

誕生月には以下の精密検査を実施しております。
便潜血 消化管出血・貧血などの早期発見のため
胸腹部CT 悪性腫瘍・後天性腎のう胞などの早期発見のため
胃カメラ
(希望者)
消化管の異常を早期発見のため
感染症検査 梅毒・B型肝炎・C型肝炎の感染の有無をみるため
腫瘍マーカー
CEA
CA19-9
腎癌の早期発見のため

他科受診・連携が可能

透析を続けていると様々な要因で合併症が起こることがあります。当院では、合併症対策として外科・整形外科・循環器内科・糖尿病外来・内科・眼科・歯科などの他診療科と連携体制をとり、透析時間に配慮した受診調整を行っております。

安全性向上への取り組み

血液浄化専門臨床工学技士の配置

血液浄化に関する専門的な事から感染管理や安全対策など幅広い知識を身につけ、更に他の医療従事者や新人臨床工学技士に指導ができる資格を有した臨床工学技士が透析治療に携わっています。


透析技術認定士の配置

人工透析に関連する業務において専門的な知識を有しているスタッフが業務にあたっています。


安全な水質管理

血液透析では、透析液として大量の水を使用します。

そのため、水質管理は非常に重要であり、当院では年間計画を作成し厳正なチェックを行い管理しております。

水質基準に関しては、関連学会の超純水透析液の基準を満たしております。

支援体制

包括相談センター

安心して透析が続けられるよう、さまざまな相談に応じます。お気軽にご相談ください。

訪問看護サービス

お薬管理や入浴介助・お食事の管理など在宅生活で療養上の不安がある方は訪問看護サービスをご利用いただくことが可能です。お気軽にご相談ください。

管理栄養士による栄養指導

透析治療中は、合併症の予防や透析時の体の負担軽減等を目的とした食事の管理が重要となります。 一人一人にあった食事療法をご提案いたします。

介護施設との連携

当院には、人工透析が必要な患者さんの受入れ可能な関連施設が隣接しております。入所やショートステイ利用など、どうぞお気軽にご相談ください。


特別養護老人ホーム北原荘
介護老人保健施設天心ケアハイツ

快適な環境づくり

快適な透析時間をお過ごしいただけるよう全ベッドに液晶テレビ(無料)を設置しております。


送迎サービス(無料)

お一人での通院が困難な患者様には、ご自宅までお車での送迎サービス(要相談)も行っております。


売店完備

院内にヤマザキショップが入っております。お弁当のお取り置きもできます。


臨時透析(トラベル透析)について

当院では、観光やお仕事でお越しになる患者さんのトラベル透析をお引き受けしております。ご旅行や出張・帰省などの際には当院での臨時透析をご利用ください。

お申し込み方法

まずはお電話・FAXで直接当院の包括相談センターまでお問い合わせください。
事前に「トラベル透析申込書」に記入の上、FAX頂いてからご連絡いただきますと、
よりスムーズに日程等の確認をさせていただくことが可能です。


お電話でお伺いする内容
1.お名前
2.住んでいるところ・連絡先
3.生年月日・年齢
4.現在透析を受けている施設名
5.透析希望日・時間帯・透析時間

臨時透析をうけるにあたって

患者さまに安全かつ安心できる透析治療をご提供するため、受入れにあたりましては透析条件や透析データ、透析記録(検査3回分程度)などのデータが必要となります。

お手数ですが、かかりつけ医師からの紹介状(診療情報提供書)をご用意ください。

当日の流れ・持ち物

1.当日は、予約時間の30分前までに当院の外来受付にお越しください。
 (2回目以降、受付は不要です)
2.保険証の提示
3.透析室へご案内
4.お着替え
5.透析開始
6.透析終了後、最終日に診療情報提供書を受け取り、受付にて精算をして終わりです。
※万が一、キャンセルの場合は前日までにご連絡ください。
持参していただくもの □ 健康保険証  □ 特定疾病療養受給者証
□ 自立支援医療受給者証(お持ちの方)
□ 重度心身障がい者受給者証(お持ちの方)
□ バスタオル  □ フェイスタオル  □ 止血バンド
□ パジャマ等着替え

お問合せ先

包括相談センター
受付時間 月~金曜日 … 9:00~16:00
土曜日   … 9:00~11:30
※第1土曜日・第3土曜日・日曜・祝祭日・他当院の休診日を除く
TEL 0241-24-3512(直通ダイヤル)
0241-24-5021(代表)
※直通電話がつながりにくい際は代表電話におかけください。
FAX 0241-24-3581(包括相談センター直通)



~安心できる透析治療を提供します~