医療法人昨雲会 飯塚病院 看護部

専門看護師・認定看護師の紹介

日本看護協会認定 精神看護専門看護師

明間正人

近年、精神保健医療福祉はリカバリー中心へ向かっています。私も患者様のリカバリーを中心に考えるため、問題や障害に注目するのではなく、その人の力や魅力・希望などに注目するストレングスモデルを思考の中心におき、日々看護をしております。患者様・ご家族は障害や問題によってつらい状況にあることが少なくありません。医療従事者もストレスの多い職業と言われています。私は、精神看護専門看護師として、皆さんのつらさを少しでも和らげ、ポジティブな方向にかえることが出来るよう、『みんなのストレングスになれたらいいな』と考えています。また、それが当院看護部の理念である「その人にとって最善の看護」への1つの道だと考えています。患者様・ご家族・職員の安全を守る医療安全管理者としても院内を巡回しておりますので、是非お気軽に声をかけてくださいませ。

 

専門看護師とは

専門看護師は、水準の高い看護を効率よく行うための技術と知識を深め、卓越した看護を実践できると認められた看護師です。「専門看護分野」ごとに日本看護協会が認定しています。

専門看護師は、専門看護分野において以下の6つの役割を果たします。

1.個人、家族及び集団に対して卓越した看護を実践する。(実践)

2.看護者を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行う。(相談)

3.必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う。(調整)

4.個人、家族及び集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決をはかる。(倫理調整)

5.看護者に対しケアを向上させるため教育的役割を果たす。(教育)

6.専門知識及び技術の向上並びに開発をはかるために実践の場における研究活動を行う。(研究)

 

日本精神科看護協会認定 精神科認定看護師
旧専攻領域:行動制限最小化看護
 湯田文彦

現在は、看護部長としての役割を主に仕事をしておりますが、院内外で精神科認定看護師としての活動も行っています。私の行動制限最小化看護に対する考えとしては、行動制限を最小化するという事は数字だけ減れば良いという事ではなく、法規を遵守した適正な対応ができる事がまず必要で、適正な対応が行えている状況で数字が減ってこなければならないと考えています。全国的に行動制限者数は増加しておりますが、当院では精神保健福祉法の規定以上の基準で運用していることなどの取組みが有効に働き、行動制限率は全国平均の10分の1程度です。認知症や高齢者の入院も増加しておりますが、行動制限をしないで看る為の手段を考え多職種協働で取り組んでおります。当院での取り組みを評価されての事と考えていますが、日本精神科看護協会の研修講師などの依頼も増え、精神科認定看護師としても充実した活動をさせて頂いています。