医療法人昨雲会 飯塚病院 看護部

看護師の声2

※写真をクリックすると移動します

第1病棟 秋山裕斗

入職してから二ヶ月が経とうとしています。覚えることが多く、右も左もわからない状態ですが日々自分なりに頑張っています。

最初の一ヶ月は、研修が多く学校で学んだことの再確認や、飯塚病院の歴史や理念について学習しました。「病院は患者さんの為にある」、患者さんの権利など看護を提供する上での心意気を学ぶことができました。

飯塚病院は患者さんだけでなく、地域も巻き込んでサービスを提供していこうとしています。とても素晴らしい事だと思います。病院としてやっていこうとしていることを一職員として自分も「考えなくてはいけないな」と思います。考え一つで態度や行動を変えて行けると思います。

まだまだ不安なところは多くありますが、新人らしく元気に頑張って行きたいと思います。

▲先頭へ戻る

第1病棟 日下真妃

わたしは以前一般病棟で働き看護を学んできましたが転職を機に臨床経験のない精神科へ入職しました。

精神科で働き間もないですが精神科の楽しさや大変さを感じましたがやりがいのある仕事です。 働いていてまだまだ先輩方と同じようにはできませんが少しずつ見様見真似でいい所を吸収して行きたいと思っています。

精神科では身体面だけでなく患者様の心と向き合い思う様には行かない事だらけではありますが少しでも患者様が良い方向に向かう事ができる看護を心がけていきます。

看護師として知識も技術も未熟ですが沢山の経験をし、仕事を楽しみながら学んでいきます。

▲先頭へ戻る

第1病棟 富樫千明

飯塚病院に入職して約3ヶ月がたとうとしております。毎日わからないことばかりで、戸惑いも多いですが、先輩の方々は多忙にも関わらず熱心に指導・助言して下さいます。

先輩のお力添えもあり、精神科ならではの知識・技術を学び、楽しく仕事に取り組むことができています。さらに、患者様へのよりよい看護を実践・提供することによって充実した日々です。

小さな力ではありますが、これから会津北西部の医療を担える医療人になっていきたいと思います。

▲先頭へ戻る

第1病棟兼外来 森田早織

入職する前は精神科=暗い所と思っていましたが、入職してみたら、明るく、開放的で自由な雰囲気な所でした。

私は病棟兼外来勤務で働かせてもらっています。病棟と外来でどちらも大変ですがとてもやり甲斐を感じています。患者さまのために自分のためにレベルアップ出来る職場だと思っています。

また、精神科の看護師は優しく穏やかな人が多く、なかなか業務が覚えられず焦っていると、ゆっくり覚えればいいから大丈夫だよと優しく励ましてくれる方ばかりで助けられています。

職場の雰囲気も良く、楽しく働かせてもらっています。

▲先頭へ戻る

第2病棟 渡部幸菜

精神科病院で働くようになり、一般科とは違い検査などの数値で判断できない為、看護師として自分自身が日々患者様と関わり、いつもと違う「ちょっとした変化」に気付くことが出来る観察力を身に付けなければならないと思いました。

私の勤務する病棟では、プライマリーナーシングを実践しているため、患者様とじっくり向き合い信頼関係を築く環境が整っています。

患者様一人一人と時間をかけて関わり、日々の看護・関わりの中で「自分らしい看護」を見つけ精神的に不安定な状態にも対応できるスキルを身に付けたいと思っています。

▲先頭へ戻る

第2病棟 鈴木遥

私は一般病棟でしか働いた経験がなかったのですが、その中でも精神疾患を患っている患者さんと関わるうちに精神科という分野に興味を持ち、もっと深く学びたいと思うようになり今回入職しました。

働いてみて、自分の対応には応じてくれなかった患者さんが先輩の言葉には素直に応じてくれたり、自分の言葉掛けで患者さんが威圧的になってしまったりと本当に難しいなと感じる事も多々ありますが、先輩方の対応の仕方をよくみて、患者さん1人1人の個性をつかみ知っていくことで少しずつコミュニケーションの取り方が分かってきました。

これからより知識と技術を上げていけるよう頑張っていきたいです。

▲先頭へ戻る

第5病棟 小椋翔汰

入職から1か月が経ち、看護学生だった頃に比べ、実際に現場に立ってみると、今まで以上に覚えることが色々あり、改めて看護職って大変だと感じました。

現在いる病棟は治療病棟であり、様々な疾患を持つ患者様や寝たきりの方が多い病棟です。そのような方々に対して自分自身どのような看護をしていけば良いのかを考えながら接していますが、まだまだ自分の知識では足りない部分が多く葛藤する毎日です。

そのような中、先輩看護師からのアドバイスやご指導をして頂いて、知識や技術面においてスキルアップ出来ていると思います。

また、患者様から学ぶことも多くあり、これから看護師として働いていくうえで、常に考え、実践し、患者様一人一人にあった看護を提供できるように、より多くの知識や技術を増やしていけるように頑張っていきたいと思います。

▲先頭へ戻る

第5病棟 會田頼孝

私は2016年4月に入職しケアワーカーとして3年間(うち2年間は准看護学校に通学)働き、今年度から准看護師として新たなスタートを切りました。

私は以前、接客業の仕事をしていましたが「もっと人の役に立てる仕事がしたい、飯塚病院の野球部に入部したい」と思い転職を決めました。

現在は精神科療養、身体合併症の治療を行なう第5病棟で働いており、先輩方に指導して頂き、少しでも先輩方に近づけるよう日々学習中です。

野球部員としての活動もありますが日々の業務を大切にして患者様により良い看護を行なえるように頑張りたいと思います。

▲先頭へ戻る

第6病棟 渡部冴華

私は今まで、消化器科と精神科で働いた経験がありましたが、じっくり患者様と向き合い個々に応じた看護を提供していきたいと思い今年春に入職し、現在は認知症病棟で働かせていただいています。

一般病院とは違い精神科は特殊性も異なりますが、患者様一人ひとりに合わせた対応やコミュニケーション等が大切であり、日々先輩方の対応を学ばせてもらっています。

まだまだ分からないこともありますが、先輩方に指導していただき、楽しく笑顔で患者様と接することができればいいなと思っています。

▲先頭へ戻る

第7病棟 荒関雄大

私は今まで脳外科の集中治療室や急性期病棟・内科の慢性期病棟で働いてきました。以前より精神科領域に興味があり飯塚病院に入職し、急性期である第7病棟に配属となりました。

精神科で働くのは初めてなので、患者様との距離感や信頼関係構築の難しさを感じる反面、スムーズに言葉のキャッチボールが出来る喜びも感じています。

改めてコミュニケーションの大切さと難しさを痛感していますが、先輩方の対応の仕方や温かい指導を通して学ばせて頂いています。

これから自己学習に励み精神科看護師として早く一人前になれる様に精進していきます。

▲先頭へ戻る

第7病棟 渡部卓真

精神科病棟に入職して、私は病棟での経験がありませんでした。精神科に興味があり患者様に寄り添いながら看護をして行きたいと思う一方、実際に看護をして患者様との関わり中で患者様の症状と距離感に戸惑いと不安を感じてしまいました。

しかしながらその都度、同期と話したり困っていると先輩方が優しく接して頂いたおかげで徐々にそういった気持ちも薄れて行ったのだと思います。

患者様との関わりの中で「その言動には必ず意味がある」を常に心に置き一人一人患者様に合った看護を提供していきたいです。今までの経験をいかして頑張って行きたいです。

▲先頭へ戻る

第7病棟 明間凜

看護師としても社会人としての仕事経験も全くの初めての状態で、この度精神科に就職となりました。本院には准看護学校の実習でお世話になった事がありますが、それでもまだまだ慣れそうにありません。

業務内容もまだ理解出来ていなく、分からないことがわからない状態ですが、優しい先輩に囲まれて色々と教わりながらなんとか仕事をする事ができています。

これから仕事をするにあたり、まずは患者様とのコミュニケーションを取りながら、各種業務に慣れて行きたいです。

▲先頭へ戻る