医療法人昨雲会 飯塚病院

入院会計のご案内

入院診療費について

Ⅰ.入院料:医療費にかかる一部負担

一般〔70歳未満で健康保険証をお持ちの方〕

<限度額適用認定証を提示された場合の自己負担限度額(月額)>
所得区分 自己負担限度額 多数該当
①区分ア
 (年収約1,160万円~の方)
252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
②区分イ
 (年収約770万円~約1,160万円の方)
167,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
③区分ウ
 (年収約370万円~約770万円の方)
 80,100円+(総医療費- 267,000円)×1% 44,400円
④区分エ
 (年収約~約370万円の方)
         57,600円 44,400円
⑤区分オ
 (住民税非課税の方)
             35,400円  24,600円
限度額適用認定証とは?(事前に申請!!)

70歳未満の方が医療機関に入院した際の窓口負担が、月単位で一定の限度額にとどめられます。よって窓口で多額の現金を支払う必要がなくなります。

保険者から発行される『限度額適用認定証』を速やかに病院受付へご提示下さい。上記の手続きを行わない場合は、従来通り3割負担となり、限度額の適用は認められません。

手続きは、社保の方は健康保険組合、健康保険協会各支部、国保の方は各市町村で行ってください。

高齢者〔70歳以上で高齢者証をお持ちの方〕

<所得区分に応じて限度額が以下の通りとなります。(月額)>
被保険者の所得区分 負担割合 自己負担限度額
①現役並み所得者
(標準報酬月額28万円以上で高齢
 受給者証の負担割合が3割の方)
3割 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
    【多数該当:44,400円】
②一般所得者
(①および③以外の方)
2割(※1) 44,400円
③低所得者    Ⅱ 1割 24,600円 ※住民税非課税世帯の方
   Ⅰ 15,000円 ※非課税世帯で所得が一定基準に
       満たない方

※1 平成26年4月2日以降に満70歳になる方(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)は、平成26年5月
   から2割負担。但し、平成26年4月1日までに満70歳になった方は特例措置により引き続き1割負
   担となります。

高齢者の減額認定証について!!(事前に申請!!)

低所得者Ⅰ及びⅡの方は、保険者への申請手続きが必要となります。保険者から発行される『標準負担額減額認定証』を速やかに病院受付へご提示下さい。

食事にかかる負担〔食事療養費自己負担額)

所得区分 1食につき
一般 360円(※1)
住民税非課税世帯
低所得者Ⅱ
90日までの入院 210円
長期該当者(※2) (160円)
低所得者 Ⅰ(70歳以上) 100円
※1 精神科病床長期入院者の経過措置

平成28年4月1日において、既に1年を超えて精神病床に入院している患者の負担額は、経過措置として260円のまま据え置きとなります。

※2 長期入院該当者について

上記、住民税非課税世帯の方で過去1年間90日以上の入院がある場合は、食事負担が1食当たり160円になります。再手続きを行っていただき再度窓口にご提示頂くことで適用となります。

Ⅱ.入院診療費請求書

  • 毎月1回(月末締め)の請求となります。
  • 事務処理上、翌月11日以降に郵送致します。
  • 入院窓口にて請求書を添えてお支払いください。
  • 土・日・祝祭日もお支払い(9:00~17:00迄)可能です。
  • 遠方の方は、現金書留・銀行振込もご利用できます。

    ※病院へお問い合わせ下さい

Ⅲ.退院時のお会計

  • 原則として退院当日にお支払いくださいますようお願いいたします。
  • 遅くとも退院前日までには、概算をお知らせ致します。
  • 退院当日のお支払いが出来ない場合は別紙〔遅延申請書〕の記入が必要です。詳しくは入院窓口で、ご相談ください。
  • 清算後、〔退院清算確認票〕が発行されます。確認票を病棟に提出後、退院となります。

Ⅳ.その他

各種証明書発行について

  • 各証明(診断)書、年金関係書類など文書取扱は、1F総合受付にて行っております。
  • 書類依頼書に必要事項をご記入のうえ書類とご一緒にお預け下さい。

入院病室ネームプレート表示について

  • ご入院されますと、お部屋の入り口にネームプレート(名札)を表示しております。不都合のある場合は、看護師又は1F入院受付へお申し出ください。

各種証明書発行について

  • 各証明(診断)書、年金関係書類など文書取扱は、1F総合受付にて行っております。
  • 書類依頼書に必要事項をご記入のうえ書類とご一緒にお預け下さい。

<注意事項>

保険証・住所・氏名・連絡先・保護者等に変更が生じた場合は速やかに病院へお知らせください。変更となった保険証のご提示が遅れますと、負担割合変更や自費扱いとなる場合がございます。

お小遣い預かり金について

患者様の金銭管理について

入院中の医療費以外の生活費(日用品やオムツ等購入・洗濯物のクリーニングなど)につきましては下記の通りとなっております。

a.自己管理〔患者様本人又はご家族がすべてを管理〕

  • 現金・貴重品等、全てをご本人様の責任のもと自己管理していただきます
  • 紛失・盗難・貸し借り等の事故が発生いたしましても病院は責任を負いかねますので、御了承ください
<ご家族で行っていただくこと>
  • 日用品(おやつ・オムツ・嗜好品・雑貨類・防水シーツ等)の購入
  • 歯科及び他病院での受診料のお支払い
  • 洗濯物などの汚れ物の回収及び洗濯
注意事項
  • 患者様の病状等(認知症や重度の精神疾患を有する方)や主治医又は病棟で自己管理が困難と判断される場合、ご本人に現金を預ける事は紛失などのトラブル防止のため、ご遠慮頂いております。
  • 汚染物等自宅で洗濯出来ない物について、クリーニング業者に依頼する事も可能です。

請求書発送の関係上、患者様及びご家族様の氏名・住所・電話番号等のがクリーニング業者へ提供される場合がございます。予めご了承ください

b.病院へ管理を依頼する〔病院にお小遣いとして現金を預ける〕

  • ご本人様用に現金又は、本人様名義の通帳等(可能な場合)をお預かりし、入院料・小遣い・日用品等の購入及び歯科・他病院受診の際の診療費の支払いをさせていただきます
  • 通帳の残高確認につきましては、ご本人様、保護者、ご家族(閲覧を許された方)とさせて頂きます。
  • 通帳から払い戻された現金は、当院の預かり小遣いの通帳で管理させていただきます。
  • 小遣い使用明細書はいつでもご覧頂けます。ご希望の場合は、窓口にお申し出ください。
  • 残高のご確認はご面会・入金の際窓口にて、又は入院請求書の右上欄にてご確認できます。

預け入れ残高が不足になりますと、日用品等の購入が出来なくなりますのでご注意ください。

<医療外代行業務委託(お小遣い預り金)について>
  • 管理費(日額50円又は100円×入院日数)を月末毎に差し引かせて頂きます。
  • 管理費の領収書は入院請求書と同封いたしますので、大切に保管願います。

お問い合わせ

飯塚病院医事課 入退院係
 〒966-0902 福島県喜多方市松山町村松字北原3634-1
 【TEL】0241-24-3421
 【FAX】0241-24-3524